家庭教師の役割について

subpage01

家庭教師は、個々人の実力を伸ばすための手段のひとつとして有効です。
教室内で大勢の生徒の中で勉強に取り組むにあたって、周りの雰囲気に圧倒されてしまったり、自身の力を発揮したくても物怖じしてしまうことがあります。

すなわち、授業形式ですと、生徒それぞれの個性が埋もれてしまう結果を引き起こす場合があります。
劣等感など様々な心理が働く点を解消するのが家庭教師になります。


授業についていけない場合をはじめ、理解の度合いの確認、質問したくてもかなわなかった事柄についての解明など、様々な役割を担っています。時には、プライベート面での良き相談相手になることもあります。


家庭教師は、生徒と一対一の関係にあります。



時に、相性が合わないこともあります。



話しやすさをはじめ教え方のうまさなどは、受け入れ側の生徒によって判断されるものになります。もし、うまくいかない場合は、早めに切り替えていくことも、家庭教師の有効な活用術になります。


また、保護者との接点も大切になります。



勉強の進捗度合いをはじめ実力の向上の状況、志望する学校への合格の可能性など、総合的に分析できる人材でなければなりません。

そのためには、初めて家庭教師を経験する学生アルバイトよりも、多くの生徒と接してきたベテランが望まれます。
何よりも、人との接点が重要なポイントになりますので、豊かな人間性と、生徒の無限の実力を引き出す能力のある人材が求められています。