家庭教師という仕事に関して

main-img

子どもは試行錯誤しながら自分に合った学習の方法を見つけ出せると理想ですが、なかなか自分に合う方法を探り出すことが難しいと感じる子もいます。


それからひとりでは学習のモチベーションを維持していくことが難しい、あるいは集中力を保つことが難しい場合もあります。
そういう場合に学習の方法を身につけた人物から教えてもらう、あるいは学習の様子をコーチ・監督してもらう方法を選択する必要があります。


なかでも学習の内容や勉強の方法をマンツーマンで見る仕事が家庭教師です。



この仕事は通常は学校が終わる放課後以降もしくは学校が休みになる土日祝日に行うことが多いです。


したがって午後〜夕方にかけて仕事が可能な大学生や、家庭教師専業の方が従事する場合がほとんどです。通常は1回1〜2時間、週に2〜3回で行われる形式が多く、途中に休憩を取りながら、その子どもに合った学習の方法で進められます。マンツーマンで行えますので学習効率がよいことが多く、たとえば定期試験の成績を上げる、入学試験までの対策学習を行うなどについて効果的に進めることが可能です。


家庭教師では、教師と生徒(もしくは児童)との対話形式の学習が可能です。
したがって教師を独占できますので、理解できているかどうかを確実に確認しながら学習を進められます。しかも教科の種類や理解の具合によって臨機応変に指導の速度やレベルを変えることができ、効率的な学習となり得ます。

こうした指導方法は少人数制の場合でもある程度可能です。



たとえば訪問先の家庭に兄弟姉妹がいてその子どもも同時に指導できます。



その場合には複式の授業をすることになります。
つまり一方の子どもに教えているときには、もう一方の子どもに演習をしてもらうことになります。


情報分析

subpage01

子供の学校の成績を上げたい、高校受験や大学受験に確実に合格をしたい、と思い家庭教師を依頼するかもしれません。多くの親は、家庭教師協会やインターネットや広告などで家庭教師を探します。...

more

住宅をもっと知る

subpage02

家庭教師は、個々人の実力を伸ばすための手段のひとつとして有効です。教室内で大勢の生徒の中で勉強に取り組むにあたって、周りの雰囲気に圧倒されてしまったり、自身の力を発揮したくても物怖じしてしまうことがあります。...

more

意外な事実

subpage03

子どもにきちんとした学力をつけたい、そう思いまず思いつくのは「学習塾」でしょう。中堅以上の組織ならば、設備、ノウハウ、講師ともにそれなりのそろっていますし、学費も手ごろです。...

more

人に言いたい住宅

subpage04

中学生や高校生にとって志望校に入学するには、それだけ見合った学力を付けるのが必要になります。優秀な学校への合格率を誇っている学習塾もいっぱいありますが、たとえクラス分けをしていても、ある程度の人数の中で一緒に講義を受けるため、自分の学力にピッタリと合わせて教えてもらうというわけにはいきません。...

more